Syntax Error.

[Sy] 子育てしながら自分の時間を確保する方法(1)

2012/04/10

我が家には2人の小さい子どもがいます。

子どもはかわいいですよー。 「何やってんだ」とか「何言ってんだ」とか思うことばかりやって笑わせてくれるし、「そんなことできるようになったんだ!」ってびっくりさせられることもあったり。

でも、やっぱり子どもを育てるのって大変だし、ストレスも溜まります。

中でも個人的に一番つらいのが、自分の時間を確保できなくなる ことです。

特に「よし!今からあれやるぞ!!」なんてやる気になったタイミングで、子どもが号泣しだしたりしてできなくなると、なんとも言えない大きなストレスが溜まっていきます。 一度や二度ならいいですが、積もり積もってくるといつしか我慢の限界に…そんな状況だと子育ての面でも良いことないです。

じゃあ、もう自分のしたいことを諦めるのか?というと、そんなことはしません。 もちろん、これまで通りとはいかないにしても、少しでも時間を確保する努力・工夫はできます!

ということで、これまでぼくが考えて実践してきた「子育てしながら自分の時間を確保する方法」をいくつか紹介していきます。 家庭や仕事、子どもの性格によって適した方法があると思いますが、同じように悩んでる方や、これからパパ(ママ)になる方の参考になれば幸いです。

休日は子どもと遊ぶ

まずはこれです。これがかなり大事。これ自体は時間を確保する方法ではないですが、大前提として最初に書きます。

ぼくは平日なかなか早く帰れないので、子どもが生まれる前は休日を使って勉強やゲームなど、自分のしたいことをやってました。 そんな生活も子どもがいると成り立たなくなります。何かしようとすると、モノを取られたり、抱っこをせがまれたり、泣かれたり、ウンチされたり。もうてんやわんやです。

ぼくはプログラミングなど集中しないとできないことをやることが多かったので、まったくできなくなりました。 それはそれはストレスがやばかったです。

そんな時、「そっか、何かやろうと思ってできないからストレス溜まるんだ。いっそのこと、やらないって割り切ってしまえ!」と考えて、この「休日は子どもと遊ぶ」というルールを自分の中で作りました。

すると、途端に気が楽になって、子どもにも優しく接することができるようになりました。

ちょっと思ったよりも長くなってきたので今日はここまでで。続きはまた明日書きます。